スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A

心に引っ掛かったら、意味があった体験2
深夜に 旅立った母の訃報を、翌朝、近親者、親族などに知らせました。
『知らせなければならない人は・・』
と、考えている時でした。
『あっ、母の友人、
大阪の同窓生の女性は、母の病状を知っていたし、電話で励ましてくれていた。
私の携帯電話に履歴が残っている!』
(母の謎のメッセージが 心に引っ掛かっていたので、残していたのです。)

すぐに、電話を掛けてみました。
すると、電話に出られたのは 年配の男性でした。

「香川県の○○(母の旧姓)と申しますが、奥様は いらっしゃいますか?」
男性は、
「いや~。妻は今、四国へ行ってまして、いないんです。」
「そうですか。こちら四国の香川県丸亀市です。
私は 奥様の同級生○○の娘なのですが、実は 昨夜 母が他界致しまして・・」
男性
「え~!妻は 丸亀の同窓会へ出かけているんです。すぐに連絡を取ってみます。」

しばらくして、母の友人から電話がありました。
「今、丸亀に来ているの。
同窓会で『お母さんも来れたら良かったのに~』って、皆で話をしているところだったのよ~。
本当に信じられない~。いつ、お亡くなりになったの?」
「昨夜です。本日 通夜をとり行います。」
母の友人
「日本全国に散らばっている お母さまの友達が、同窓会に来ているのよ。
お通夜には、全員でお母さまに会いに行きます。」

このようにして、通夜には、母の旧友の皆さまが 参列下さいました。
偶然(?)にも この日は、母たちの同窓会当日だったのです。

もしも、3月に
母が、 妹の携帯で 大阪の友人への電話をしていたら・・
『謎のメッセージ』には、 ならなかったでしょう。

不思議ですが、
私の携帯で電話をすることで『謎のメッセージ』に気付き、
通夜が、母「最後の同窓会」のようになったのです。

『何の意味があって、私なのだろうか?』
と言う 私の問いかけに
「こういう意味だったのよ。」
と、母が答えているようでした。
関連記事
スポンサーサイト

心に引っ掛かったら、意味があった体験1
スピリチュアル的感性のある方が、何となく気になったり、心に引っ掛かる事には、意味があるのです。

末期がんで入院中の母との体験です。
3月ごろ、時々 母は その年の5月に行う予定の同窓会の話を していました。
母は 同窓会の幹事を引き受けていましたが、
「今年は、地元丸亀市で行うことになっているけれど、
自分の体調が良くないので、大阪の友人に お願いしようと思う。」
と、言っていたのです。

母の身体には、黄疸と浮腫みの症状が出現していましたが、
私が、病室を訪れると 良くなるので、家族は、深刻には考えていないようでした。
私が仕事を終わらせ、母の病室へ着くのは いつも夕方でした。

それに相反して、父や妹は、いつも お昼頃には、病室へ来ていました。

そんな夜、母が
「明日夕方、ここへ来たら すぐに 携帯電話を貸して、
   同窓会の事で、大阪の友達に電話をしたいから。」
と、言うのです。
『何故、私なのだろう?』
『急ぎなら、妹が昼間来るから 妹の携帯の方が便利なのに?』
『何の意味があって、私なのだろうか?』

これは、母の「謎の言葉のようでした。

【この謎の意味は、 母の命の灯が消えた翌日に 明らかになるのです】
                                                                                         
翌日、                                                            
母は、大阪の友人に電話し、病状が良くないので同窓会に出席できない事を伝えていました。
携帯電話から、母を励ます女性の声が 聞こえていました。
 
関連記事

Q.お守りが防ぐ「悪しきもの」とは?
An.
「悪しき物」
「悪しき」とは、文語形容詞「悪(あ)し」の連体形です。
「悪しき物」は、現代文では、悪い物、良くない物 と、言う意味。

私の表現には、
理系でありながら、文語表現があります。
これは、守護霊様(指導霊様)の影響です。
癒しのパワーは、守護霊様に導かれ授けられましたので、守護霊様の影響を受けています。
 
〇私の守護霊(指導霊)様は、蘭学医、霊的能力もあった方なので、
【蘭学とは:オランダ語、医学、天文学、物理学、化学、測量術、砲術、西洋史などを学ぶ学問です】
医学を学んだわけではないのですが、
医学関係の書物に一度目を通すのみで、何故か90%以上記憶しています。
また、一度記憶した医学的な事は、ほとんど忘れることはありません。

そして、私は、歴史や古文が苦手なのですが、無意識に、全く知識にない言葉(文語)表現を記述していることもあるのです。
守護霊(指導霊)様の知識が根底にあるので、書物に目を通す事で、復習確認ができ記憶が定着されたり、守護霊様のお言葉を
自分自身の脳裏に浮かんだ言葉だと認識するのだと、推測されます。

 
「悪しき物」

「悪しき」とは、文語形容詞「悪(あ)し」の連体形です。

「悪しき物」は、現代文では、悪い物、良くない物 と、言う意味。

そして、
塩お香(お守り)が、寄せ付けないものは、

悪しき思い、悪しき念、悪しき霊、悪しき人、悪しき事 などです。

塩お香(お守り)を持っていることにより、バリアができ、その人に、悪影響を及ぼすようなものを寄せ付けなくなるのです。

                                               

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.