スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A

心に引っ掛かったら、意味があった体験2
深夜に 旅立った母の訃報を、翌朝、近親者、親族などに知らせました。
『知らせなければならない人は・・』
と、考えている時でした。
『あっ、母の友人、
大阪の同窓生の女性は、母の病状を知っていたし、電話で励ましてくれていた。
私の携帯電話に履歴が残っている!』
(母の謎のメッセージが 心に引っ掛かっていたので、残していたのです。)

すぐに、電話を掛けてみました。
すると、電話に出られたのは 年配の男性でした。

「香川県の○○(母の旧姓)と申しますが、奥様は いらっしゃいますか?」
男性は、
「いや~。妻は今、四国へ行ってまして、いないんです。」
「そうですか。こちら四国の香川県丸亀市です。
私は 奥様の同級生○○の娘なのですが、実は 昨夜 母が他界致しまして・・」
男性
「え~!妻は 丸亀の同窓会へ出かけているんです。すぐに連絡を取ってみます。」

しばらくして、母の友人から電話がありました。
「今、丸亀に来ているの。
同窓会で『お母さんも来れたら良かったのに~』って、皆で話をしているところだったのよ~。
本当に信じられない~。いつ、お亡くなりになったの?」
「昨夜です。本日 通夜をとり行います。」
母の友人
「日本全国に散らばっている お母さまの友達が、同窓会に来ているのよ。
お通夜には、全員でお母さまに会いに行きます。」

このようにして、通夜には、母の旧友の皆さまが 参列下さいました。
偶然(?)にも この日は、母たちの同窓会当日だったのです。

もしも、3月に
母が、 妹の携帯で 大阪の友人への電話をしていたら・・
『謎のメッセージ』には、 ならなかったでしょう。

不思議ですが、
私の携帯で電話をすることで『謎のメッセージ』に気付き、
通夜が、母「最後の同窓会」のようになったのです。

『何の意味があって、私なのだろうか?』
と言う 私の問いかけに
「こういう意味だったのよ。」
と、母が答えているようでした。
スポンサーサイト

心に引っ掛かったら、意味があった体験1
スピリチュアル的感性のある方が、何となく気になったり、心に引っ掛かる事には、意味があるのです。

末期がんで入院中の母との体験です。
3月ごろ、時々 母は その年の5月に行う予定の同窓会の話を していました。
母は 同窓会の幹事を引き受けていましたが、
「今年は、地元丸亀市で行うことになっているけれど、
自分の体調が良くないので、大阪の友人に お願いしようと思う。」
と、言っていたのです。

母の身体には、黄疸と浮腫みの症状が出現していましたが、
私が、病室を訪れると 良くなるので、家族は、深刻には考えていないようでした。
私が仕事を終わらせ、母の病室へ着くのは いつも夕方でした。

それに相反して、父や妹は、いつも お昼頃には、病室へ来ていました。

そんな夜、母が
「明日夕方、ここへ来たら すぐに 携帯電話を貸して、
   同窓会の事で、大阪の友達に電話をしたいから。」
と、言うのです。
『何故、私なのだろう?』
『急ぎなら、妹が昼間来るから 妹の携帯の方が便利なのに?』
『何の意味があって、私なのだろうか?』

これは、母の「謎の言葉のようでした。

【この謎の意味は、 母の命の灯が消えた翌日に 明らかになるのです】
                                                                                         
翌日、                                                            
母は、大阪の友人に電話し、病状が良くないので同窓会に出席できない事を伝えていました。
携帯電話から、母を励ます女性の声が 聞こえていました。
 

スピリチュアル体験inサンメッセ香川
サンメッセ香川で下記の様な事がありました。
あるご高齢の女性のオーラ診断でのことです・
                                                            
SACHI
「頭頂部のオーラが、くすんでいますので、良い睡眠を取って下さいネ。」
女性
「よく寝てますがな。」
SACHI
「痛み止めや風邪薬などを服用されていませんか?」
女性
「今は、何も薬は飲んでおらんよ。」
SACHI
「それでは、脳血管障害、脳梗塞などに気を付けて下さいネ。」
女性
「何を言いますかぁ。私は、もう脳梗塞をやって、もう治りましたがな。」
SACHI
「その傷跡ですかねぇ、頭の上の方のオーラが くすんでいます。再発にも気を付けて下さいネ。」


※それから3か月後、
その女性がサンメッセまで来て下さり、
「あの次の日、病院へ行ったら、また脳梗塞が見つかったがな。
あんた凄いなぁ、命拾いしましたわぁ。」
と、報告下さいました。
そして、女性は席を立ちながら
「この前、ここでオーラ見たけん良かったわ。ほんと、命拾いしましたがな。」
と、次に並んでいる人に向って おっしゃっていました。

頭頂部のオーラが、くすむ状態は、
脳器質的には、頭頂葉(主として体性感覚連合野で空間位置関係や微細運動の統合、認知に関する機能)の働きの鈍い状態です。

睡眠不足または、風邪薬など鎮静作用のある薬の服用
または、アルコールの摂取により、頭頂部のオーラが くすんでいるのです。
しかし、
睡眠が十分で、鎮静作用のある薬の服用もなく、アルコールの摂取もないのに、頭頂部のオーラが、くすんでいる時には、脳血管障害が疑われます。
このような場合には、脳神経外科等専門医の受診をお勧めしています。
また、
脳血管障害などを治療後、完治していても、脳器質的傷跡による周辺組織のストレスにより、オーラにくすみが生じる場合がありますが、
再発の可能性も否定できませんので、専門医の受診をおすすめ致します。

スピリチュアル体験 姫様の話11
姫様に出会う以前は、 
古い建物やお寺などが、非常に苦手でした。
更に、パワーは、バイオリズムに左右され、
バリアも安定せず
電車や人混みで体調を崩すことも度々あるような
未熟な状態でした。
それでも、
守護霊様のお導きと、癒しのパワーと、
使命感と勇気で、闘っていました。
時に、頭痛や発熱で倒れ、
また 立ち上がり、
更に、強い悪しき物との 闘いの中で
『これも修行である。』
と、自ら 困難な物事に 挑み続けていました。

ところが、
姫様に、
「SACHIの力を大きくしましょう。
 大きな力で守りましょう。」

との、お言葉を頂き、
如何なる物にも負けないように
スピリチュアル能力が増強されたのです。

今日、何ごとも 恐れず進むことができるのは、
姫様の大きな力に守られているからこそ。

姫様、お寺の奥様方、松の精霊、自然霊、
  不思議で素敵な出会いと

  不思議なご縁に感謝致しております。              

そして、
 このブログへ訪れて下さった全ての方々との
 不思議で素敵なご縁に感謝いたします。
 皆さまにとって
  今日が 素晴らしい日と なりますよう願っています。

スピリチュアル体験 姫様の話10
姫様の
『私の存在をお寺の奥様に伝えてくださり、ありがとう。
 あなたのお陰で、泣かない日が来たのです。

 ありがとう。
 SACHIの望みをかなえましょう。
 望みを話してみてください?
との お言葉に対して、

私は、何も答える事ができなかったのです。
=亡き方と お話をしている状況では、
私は、SACHIであって、私ではない状態・・・
心は、空の状態で、
全霊を亡き方の お言葉に傾けている状態ですから、
人としての
「望み」は、無い状態でした=

そのまま しばらく何も答えられずに居ますと・・
                                                                 

姫様は、
『SACHIの力を大きくしましょう。
 大きな力で守りましょう。
 SACHIに 感謝の思いを持っている人々の、その思いは、強大な力となり、
 SACHIを援護するでしょう。』

と、お言葉を残し去って行かれてしまったのです。

 姫様の霊力は、強大であり、約700年もの間、
泣き続けられた姫様。

 約700年と言う歴史の流れの中での
悲しみのエネルギーは、霊力となり、
強い霊力を持たれたのです。

その姫様が、
私を守ってくださるとおっしゃったのですが、
・・その後は・・

スピリチュアル体験 姫様の話9
お寺で起きてきた事を
ずっと見守ってきた松の精霊が、
SACHIの傍にいる自然霊に 語りかけようと、 
お寺の奥様をSACHIの所へ導いたのですが、

御籠の姫様に出会って以来、
蝶(特にアゲハ蝶)が、
SACHIの周辺へ飛来し、頭や肩にとまるのです。
不思議な色の蝶も、
SACHIの傍で羽を休めることも 度々あります。

アゲハ蝶が、SACHIの肩にとまった夜、
姫様から再びメッセージを頂きました。

「私の存在をお寺の奥様に伝えてくださり、
 ありがとう。
 あなたのお陰で、泣かない日が来たのです。
 ありがとう。
 あなたの望みを かなえましょう。
 望みを 話してみてください?」

この時の 
SACHIの望みは・・
                            

スピリチュアル体験 姫様の話8
姫様からのメッセージとは、

お寺を訪れて、5ヵ月が過ぎた頃、
突然、姫様が現れ、SACHIに話されました。
「およそ700年もの間、泣き続けていましたが、
 やっと、泣かない日が訪れたのです。
 
 お寺の奥様は、本当に優しく、頼もしい方です。
 私の存在を知ってからと言うもの、 
 毎日のように私に 語りかけてくださいます。
 
 
『姫様、心配しなくてもよいのですよ。
  私が 悪いようにはしませんから、 
  籠から降りたくなければ降りなくてもよいのですよ。
  私が あなたを不幸にさせませんから、安心してくださいね。』
 と、
 優しく語りかけてくださいます。 

 幸せな気持ちになる事ができます。

 ありがたく思います。 
 ぜひ、このことをお寺の奥様に お伝え下さい。」


 「全ては松の精霊の導きによる物ですが・・」
                                                                                  
 =情景を見せられました=
 【お寺で起きて来た事を
      ずっと見守ってきた松の精霊が、
 SACHIの傍にいる自然霊に 語りかけようと、 
           お寺の奥様をSACHIの所へ導いたのです】

お寺の奥様に 初めてお会いしたのは、
この事より更に9か月前のサンメッセでのイベントでした。
奥様は、
「変わった大学生が、オーラ診断をしていて、
何となく引き寄せられて、
オーラを見てもらったら、全ての事に納得できたの、
『やっと、本物を見つけた!』
と、思ったのよ。」
と、おっしゃっていました。

松の精霊と姫様のお導き、
この後も不思議なことが、続きました・・

スピリチュアル体験 姫様の話7
お寺を訪れて、5ヵ月が過ぎた頃、突然、姫様が現れ、
SACHIにメッセージを下さいました。
そのメッセージを
お寺での診断の依頼者にお伝えしたところ、

その後のサンメッセ香川のイベントへ
お寺の奥様が、お越し下さり、次の様な話をされました。

奥様が おっしゃるには、
「気持ちは、伝わるものなのねェ。
私が、御籠の姫様の存在を知ってからと言うもの、

 御籠の下を通る時
に、何も言わずに素通りする事ができず、
毎日のように
御籠の下を通る度、
声には、出さないけれど、
心の中で、姫様に語りかけていたのよ。」

そして、
「心の中で、どんな言葉を掛けていたかって言うと
『姫様、
心配しなくてもよいのですよ。
私が、悪いようにはしませんから、お籠から降りたくなければ、
降りなくてもよいのですよ。
私が、あなたを不幸にはさせませんから、
安心してくださいね。』
って、毎日のように心の中で声を掛けていたの。」
と、言うお話でした。


確かに、奥様の この心の中の声は、
姫様に伝わっていたのです。

姫様から
そのことについてのメッセージを SACHIが受け取ったのは、
この奥様のお話をお聞する
ずっと以前のことだったのです。
そのメッセージとは・・・                             

スピリチュアル体験 姫様の話6
お寺の奥様にお伝えしました。
                                                      
御籠の姫様の存在、
泣き続けている姫様のお姿と、

姫様が、この地へ到着した時、
拍手と喝采を浴び、幸福であった情景.
ところが、
時の流れと共に、状況が変化し、
夜叉の姿、
首下に刃、
 約700年もの間、ずっと泣き続け、
現在も泣いている姫様のお姿が在ること
そして、
「どうか、この籠を 降ろさないで下さい。
この籠が地に着いたなら、
私は、この籠から下りなければならない・・
                                             『涙』
                                             『涙』
・・
この籠を降りさえしなければ、
私は、不幸には、ならなかったのです。
どうか、
どうか、
降ろさないで下さい。」
との
姫様のお言葉を
お寺の奥様に、お伝えしたのです。

お寺の奥様は、
「この寺に居る人は、
私以外は、皆が男性なので、
この寺に、もう1人女性がいるのは、嬉しい。
姫様と 話をしてみたい。」

と、
おっしゃって下さったのです。

スピリチュアル体験 姫様の話5
その寺へ出向いたその日、
姫様と再会致しました。
 
【実際には、初対面なのですが、
以前、目の前に現れた姫様のお姿は、
約700年前のお姿でしたが、
お寺で、お会いできた姫様は・・
                                    現状の姫様です】

その寺には、
宙に吊られた状態の御籠があったのです。
しかし、
『なぜ、そのような状態に保存されているのか。』
を、知る方は、存在されないそうです。

その御籠は、
赤色の編みこみで装飾がされており、
まるで、高貴な女性が お乗りになるような御籠でした。
その御籠の中に、姫様のお姿が ありました。

姫様は、
「どうか、この籠を 降ろさないで下さい。
この籠が地に着いたなら、
私は、この籠から下りなければならない・・
                                        『涙』
                                        『涙』
・・
この籠を降りさえしなければ、
私は、不幸には、ならなかったのです。
どうか、どうか、
降ろさないで下さい。」
と、おっしゃるのです。
                                                
そして、
見せられたのです・・
○o。
姫様が、この地へ到着した時、
拍手と喝采を浴び、幸福であった情景**
ところが、
時の流れと共に、状況が変化し、
夜叉の姿、
首下に刃、
泣いている姫様のお姿が見えます。

 約700年もの間、
泣き続けている姫様のお姿です。
 ○o。. ○o。.
Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.