スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2017 10 02
時にはクールダウンも必要、情熱の赤いオーラ
赤色のオーラは、
正義感情熱のオーラです。
体育会系の人が多いのです。
情熱や根性は素晴らしいですが、
頑張り過ぎないで下さい。
曲がった事の嫌いで、負けず嫌いで瞬発力に優れていますが、
行動に移す前に一呼吸おく事をお勧めします。
時には、クールダウンも必要です。

赤のオーラの人は、暖色系(黄色オレンジ赤紫など)のオーラの人と共感できることが多く、寒色系(青緑青紫など)オーラの人の冷静さに助けられます。

ところが、
赤のオーラの人は
「緑のオーラは、周囲にばかり気を使って、
自分のことより、人の為に頑張っているので、
自分のポリシーに合わない。」
と、おっしゃいます。

緑のオーラの人は
「赤のオーラの人は、頑固で融通が利かず、
自分の勝利だけを望んでいて、協調性に欠けるが、
何とか上手くやって行きたい。」
と、おっしゃいます

赤のオーラの人
緑のオーラの人の思考に歩み寄ったり、欠点を補い合おうとしていませんので、必ずしも相性が良いとは、言えないのです。

赤のオーラの人の情熱や根性は素晴らしいですが、
時には、クールダウンしてみると良いでしょう。
スポンサーサイト
2017 10 01
Q.本当は見えている人のオーラの形状?
An.
図Aのように、
頭頂部のオーラが全体に大きく、扇形のように上部になるほど拡張している人は、スピリチュアル的能力に優れ、霊視や霊聴が可能なのです。
※オーラ診断では、
オーラが全体に大きく、更に頭頂部のオーラが上部になるほど拡張して、まるで扇形のようになっています。
不思議な体験があるのでは?』
と、なります。

図Bのように、
頭頂部のオーラが全体に大きく、上部の方が少し拡張いる人は、潜在的にスピリチュアル的能力があり、霊視や霊聴が可能なのに気付かず、今後スピリチュアル的能力が優れてきそう。
または、
『見たくない、感じたくない』と思っていても、見えてしまったり感じてしまって、自ら『見えなかったことにしている』状態です。

図Cのように、
頭頂部のオーラが電柱のようにまっすぐ大きく伸びている状態は、
以前は、スピリチュアル的能力を自覚していましたが、現在では、自らの力または、第三者の力によって能力を抑えている状態です。

スピリチュアル的感性には、人によりさまざまな個性があります。
見える人、聞こえる人、感じる人、自覚していなくても潜在的にスピリチュアル的感性のある人、自らスピリチュアル的感性を抑えている人などです。
感性は個性なのです。
2017 04 18
オーラが全体に大きく扇形のように上部になるほど拡張
                        
スピリチュアル的感性がある方の、
どなたにでも共通する事であると、思いますが
名所旧跡や多くの人が集まる場所では 体調を崩のです。

頭痛、吐き気、発熱、鳥肌、寒気、咳き込むなどします。
一見、風邪の症状のようですが、風邪ではないので、
その場所を離れたり、浄化されますと 症状が無くなるのです。
また、
頭頂部のオーラが全体に大きく扇形のように上部になるほど拡張している人は、スピリチュアル的能力に優れ、霊視や霊聴が可能なのです。

※オーラ診断では、オーラの大きさについて
オーラが全体に大きく、更に頭頂部のオーラが上部になるほど拡張して、まるで扇形のようになっています。
不思議な体験があるのでは?』
と、なります。


更に、頭頂部のオーラに着目しなくても(私には常にオーラが見えていますが)、その人と すれちがった瞬間に
「スピリチュアル的な能力のある人だ。」と感じます。
相手の人が、こちらの能力に気付いていることも感じています。


お互いに察知していることも、お互いが感じているのです。
そこで、お話をいたしますと、
 「やはり見えますか~。」
と、言う事になるのです。
 
スピリチュアル的感性には、人によりさまざまな個性があります。
見える人、
聞こえる人、
感じる人、
自覚していなくても潜在的にスピリチュアル的感性のある人
などです。

 感性は個性なのです。


2017 04 17
オーラが大きく、更に縦に大きい
                                        
どんな場所でも、
ふと気付くと、多くの人に囲まれ、中心なっているのです。

買い物に行くと、
入ったお店が空いていたのに、あっと言う間に満員になったり、
誰も居ない商品棚を見ていたら、身動きできない位、人々が見に来たり・・
いつも、
ゆっくり買い物ができないこともあるのでは?

※オーラ診断では、オーラの大きさについて
『オーラが大きく、更に頭頂部のオーラが縦に大きいので、憑依体質(人の感情の影響を受けやすく、良い物も引き寄せますが、色々な物も引き寄せやすく)、スピリチュアル的直感にも優れています。』
と、なります。

また、オーラが大きく、更に頭頂部のオーラが縦に大きい人は、こんな事をおっしゃいます。
①「『憑きやすい』と言われたことがある。」

②「憑やすいので怖い・・と思って困っています。」
 
しかしながら、
①「憑きやすい」と言うより、「引き寄せる」と言った方が適しています。
良い物も引き寄せますが、良くないものも引き寄せるのです。

②「憑きやすい・・怖い」と言うイメージを持っている人が多いのですが、
「憑きやすい」と言うより、「引き寄せやすい」と言った方が適していますので、怖がらないでください。

 

素敵で輝いている人のオーラは大きく輝いているので、どうしても目を惹きます。
皆の目を惹く。
つまり、引き寄せるのです。
遠方から見ても、何だかそこだけ明るいので、
『ちょっと、近くへ行ってみたいなぁ。』
と 、生きている人も、動物も、亡き人も思うのでしょう。

他人がイライラしていたら自分もイライラしたり、
もらい泣きしたりすることもあるかも・・
感受性が豊かなので、人の感情なども敏感に感じ取るのです。
気になったら、
やっぱり。』
と、思い当たることがあったなら、
※オーラが大きく、更に縦に大きい人は、スピリチュアル的直感にも優れているのです。

2017 04 16
オーラが 縦に大きく円錐のように上部が尖っていたら
                 
「勘が鋭い」
人は、
「スピリチュアル的直感に優れている。」
方が、多いのです。

「『霊感』だと思うと、
『ちょっと怖い気がする』」
と、言われる人も居ますが、

スピリチュアル的直感に優れた人は
「何となく、気になる」
と言う表現をよくします。

勘が鋭く、スピリチュアル的直感に優れる人のオーラは、縦に大きく円錐のように上部が尖って見えます。

※オーラ診断では、オーラの大きさについて
『オーラが縦に大きいですので、スピリチュアル的直感に優れていることが分ります。』
と、なります。

☆虫の知らせや、直感、 偶然にしては納得できない事、予感など、
これらもスピリチュアル的直感だと言えるでしょう。

『嫌な予感がする』
場合などには、自分の直感を信じて行動することで危険を回避することができるのです。

感受性が豊かなので、人の感情なども敏感に感じ取り、勘が鋭い、予感がする、
なんとなく虫の知らせがある、あの辺りが暗いなど、気になったら、
やっぱり・・・これもスピリチュアル的直感なのです。

オーラが、縦に大きい人は、スピリチュアル的直感に優れているのです。

2017 04 10
我が道を進む(?)発明家 金のオーラ
金色のオーラの人は、感性と発想力に優れています。
芸術家や発明家、親分肌の人に多いオーラの色です。

失敗もありますが、成功もあるのが人生。
失敗しても
「まあ、大丈夫。そのうち成功するから・・」
と、我が道を進みますので、成功すれば大成功。
失敗すれば、変わり者。
なのです。

金色のオーラの方も、
同色の金色のオーラの人とは、共感できることが多い反面、
お互いにマイペースなので擦れ違うこともあるようです。
また、
青紫青緑オーラの方の『繊細な慎重さ』を理解できず、
心を傷つけるようなこともあるようです。
物事の捉え方、考え方、感性は、個性です。
「人の思い」や「個性」を理解し、
繊細さを尊重できたなら、もっと魅力的に輝くでしょう。

☆金色のオーラは、少数派です。
ですから、貴重な存在なのです。
2017 04 08
寂しがり屋(?)なのに、孤独を愛するシルバーのオーラ
                    

シルバーのオーラは、拘りとプライドのオーラです。
古風でまじめな職人気質で、崇高な物を求め真理を追究する人です。
創作活動をされている方をよく見かけます。

プライドが髙い為、
『言わなくても、分かるだろう。』
と、自分の思いを表現せず、伝えようともしないこともあるようです。

自分だけの世界観を持ち、孤独を愛していますが、
深層心理では
『理解され、認められたい』
と、思っている、寂しがり屋だったりします。


シルバーのオーラの方も、同色のシルバーのオーラの人とは、
共感できることが多い反面、お互いに拘りがあるので、ぶつかることもあります。
また、
青紫オレンジ色赤紫ゴールドのなどのオーラの方とは、
思考回路が異なりますが、お互いに欠点を補い、学び多いのです。
そして、
大きな木のような安心感を感じる癒し系の緑のオーラの方
平和を愛し協調性のある黄緑のオーラの方は、シルバーのオーラの方にとって大切な存在となる可能性が大きいのです。

☆シルバーのオーラも、他のオーラと同じ位の割合で存在します。
自称オーラが見える人にも、銀のオーラは見え辛い為、少数派だと思われているようですが、見える者には、見えています。

2017 04 07
人徳があるのに(?)優しすぎる紫のオーラ
            
紫のオーラの人は、優しく、情愛が深く、崇高なものを求める人です。
人生経験を積んでいる方が多く、心が柔らかく大きい方が多いのです。
愛する人が、存在する事を喜びと感じ、
愛されることより、愛することを幸福と感じる人です。

どんな人に対しても、優しく、愛情を持って接するのですが、
情に流されることもあるので、優しくなり過ぎないように致しましょう。

紫のオーラの人は、調和を大切にするので、どの色のオーラの方にも好かれます。

そして、恋愛においても、
【紫=+】なので、
青のオーラの慎重さと、赤のオーラの情熱を持つ魅力的なオーラなので、多くの人から愛されます。

更に、
紫のオーラの人は、
親切で優しいので、自然と周囲の人から助けられることも多いのです。
ただ、
優しすぎず、親切すぎないように気を付け、
「優しさ」「恋愛感情だ」と、誤解されないよう、
はっきりと、意志表示を致しましょう。

☆紫のオーラも他のオーラと同じ位の割合で存在します。
自称オーラが見える人にも、紫のオーラは見え辛い為、少数派だと思われているようですが、見える者には、見えています。

2017 04 06
自覚がなにのに(?)頑張り過ぎている赤紫のオーラ

                               

赤紫のオーラの人は、

紫のオーラの豊かな愛情、優しさ、崇高さ、そして親切な思い
赤色のオーラの情熱と根性、そして負けず嫌いな思い
を持っています。

情熱と優しさで行動するので、ストレスや疲労が、蓄積されていても、
「強い責任感」と「根性」で、
更に頑張ってしまうのですが、頑張っている自覚が無く、
『当たり前だ。』
と、思っているのです。

赤紫のオーラの人は、

世話好きで、責任感もあり、頼りになる存在です。

赤紫のオーラの人々には、
起業、自営業などで成功を収めた人が、多いのです。

そして、
人当たりが良く、人に迷惑をかけるのが嫌いなので 、
頑張っている意識が無くても、頑張り過ぎないように気をつけて下さい。
2017 04 04
天才なのに 気の遣い方を間違える(?)青紫のオーラ
DSC00085 (1)
青紫のオーラの人は、
『「自分の論理に基づいた行動」を、他人も行う。』
と、思って気を遣っています。

優しいのですが、現実的部分が、湧き出てきて、冷静で理屈っぽくなるのです。
皆とは違った「考え方」で行動をする場合が多いので、周囲の人から見るとマイペースに見えるのです。
青紫の方の哲学は、 「独特の考え」ですので、感情より思考が先行するのです。
理性的で現実を忘れず慎重ですから、失敗をほとんどしないのは、素晴らしいことです。

青紫のオーラの人は、
青のオーラと紫のオーラを兼ね備えていますので、
青のオーラの人の冷静さに共感し、紫のオーラの人の優しさや崇高さに感動するでしょう。
※紫のオーラの人から見ますと、青紫の人の独特の世界観は、柔軟性や協調性に欠けて見える可能性もありますが、その冷静さは、感動的です。

また、
黄色、オレンジ系のオーラの人の明るさ、柔軟さに、影響されたり、
黄緑のオーラの人の協調性に安心感を抱く事もあるのです。
〇他の色のオーラの人とも、お互いの性格や長所が異なりますので、欠点を補う事ができると言えます。
※違うオーラの人との関係は、それぞれの方の性格が異なるので、一見、相性が良くないように思われますが、学びや成長を期待できるのですから、相性が良いとも言えるのです。

☆青紫のオーラも他のオーラと同じ位の割合で存在します。
自称オーラが見える人にも、青紫のオーラは見え辛い為、少数派だと思われているようですが、見える者には、見えています
Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.