FC2ブログ
スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2018 09 13
今日 9月13日は、最高の吉日
今日 9月13日は、
『日本の暦の上で最上の吉日』
と言われる天赦日にあたります。
天赦日とは
日本の暦の上で最上の吉日とされる日です。
天赦とは、天が赦すという意味。
万物の罪をゆるしてくれるということから何をやっても良い日とされる貴重な日だそうです。

更に、今日は
<天赦日+一粒万倍日+大安>
の縁起の良い3点が揃っています。
             
一粒万倍とは、
一粒のもみが万倍にも実る稲穂になるという意味です。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。
また、
吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増するそうです。
                  
<天赦日+一粒万倍日+大安>
の縁起の良い3点が揃っているのは、
2018年中で唯一
今日だけだそうです。
スポンサーサイト



2018 08 12
星に願いを☆ペルセウス座流星群☆彡
2018年のペルセウス座流星群は、
12日深夜から13日明け方には1時間あたり30~50個程度の流れ星が見えると予想されています。
放射点が高くなり極大時刻により近づく、13日の明け方が、最も多くなるようです。

ペルセウス座流星群の母天体は、約135年周期で太陽系を巡っているスイフト・タットル彗星です。
現在スイフト・タットル彗星は地球から遠く離れたところにありますが、彗星から放出された塵は彗星の軌道上(通った跡)にあって、
そこを地球が通過する時に「流れ星」として見えます。

8月は流れ星が多く見えますが、15日の夜頃まで、いつもの夜より多くの流星が期待できるようです。
夜遅くに月が沈んでから、空が明るくなり始めるまでが、流星を見るのに適した時間帯です。
夜空が暗い場所で観察すれば、最も多いときで、1時間当たり50個以上の流星を見ることができると予想されています。

古民家の庭で
ゆっくり星空を見つめ、
宇宙の神秘を感じつつ、星に願いをかけてみたいと思います。

夏休みでお盆ですので
流れ星を観察して宇宙の神秘を感じながら、星に願いをかけてみませんか。
虫に刺されないよう、防虫対策をお忘れなく



2018 08 01
火星が地球に大接近
火星が地球に大接近しました。
火星と地球の間の距離は5,759万キロメートルで、15年ぶりの大接近です。

火星は、太陽系の惑星で、地球のひとつ外側を公転しています。
火星の直径は地球の約半分で、公転周期(太陽の周りを1周する期間)は、約687日です。
火星が太陽の周りを1周する間に地球は約2周します。
この公転周期の違いから、2つの惑星は約2年2か月ごとに並び、距離が近づきます。
この接近距離は、毎回異なります。
火星の軌道は楕円形なので、軌道上のどこで地球と接近するかによって距離が大きく変化するのです。
大接近のときには5千数百万kmまで近づき、反対に小接近のときには1億kmも離れます。

前回の2003年には、地球と火星が5,576万キロメートルまで接近し、注目されました。
2018 01 03
スーパームーン 今年1番大きな満月です


今年

一番大きな 満月

2017 12 03
2017スーパームーン


古民家の庭から

今年最大のお月様

2017 11 01
古民家庭から 十三夜の名月
2017 10 04
古民家庭から 中秋の名月
今日は旧暦の八月十五日
十五夜で「中秋の名月」です。
満月の2日前に中秋の名月の日となるので、左側が少し欠けています。

十五夜の月を見て、十三夜の月を見ない事を「片月見」あるいは「片見月」と言われるそうです。
今年の旧暦九月十三日にお月見をする「後の月(十三夜)」は、11月1日ですので、十三夜の月にも見たいと思っています。     古民家の庭から観た 中秋の名月
2017 09 08
11年ぶり、太陽でX9フレア 磁気の乱れに気を付けて
宇宙天気情報によりますと
9月6日18時、太陽の南西の2673黒点群で、X2.2の大規模フレアが発生、
9月6日21時、更に激しいX9.3の大規模フレアが発生しました。
X9に達するフレアは、2006年以来11年ぶりです。

このX9.3フレアに伴って、CME(太陽ガスの放出現象)が噴出。
噴出は地球の方向にも向かっているようです。

X9.3の後も、2673群は、M2.5、M1.4、M1.2と、

中規模フレアを起こして、太陽放射線が100に達しています。

太陽風も乱れが始まって7日8時には、速度は420km/秒~600km/秒へ、
磁場強度は、3nTから15nTへ急に強まる変化が到来しています。
今後、更に太陽風の乱れ、磁気嵐が発生しそうです。  

スピリチュアル的感性をお持ちで電磁波に敏感な方は、引き続き頭痛、倦怠感などの体調不良に備えて下さい。
また、地震にも気を付けたいと思います。

備えあれば、憂いなしです。
2017 08 25
南の空に 地震雲
南の空に地震雲 午後6時頃
2017 07 17
磁気嵐が発生しました。体調に気を付けて


気象庁地磁気観測所によりますと、

7月16日15時に、急始型地磁気嵐が、発生しました。

7月17日4時には、約191nTとなって

この地磁気嵐は現在も継続中です。

7月16日14時頃に太陽からの衝撃波が地球に到来しました。

また、太陽風は高速な630km/s前後へ上昇しました。

磁場強度は、非常に強い27nT前後まで上昇し、

磁場の南北成分は一時-22nT前後の非常に強い南向きの状態となったそうです。


この地磁気嵐は、7月14日10時に、
2665黒点群で発生したM2.4の中規模フレアにともなって発生したCME(コロナ質量放出)の影響のようです。

ピリチュアル的感性をお持ちで、電磁波に敏感な方は、引き続き、頭痛、倦怠感などに気を付けて下さい。

地震などにも気を付けたいと思います。

備あれば、憂いなしです。

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.