スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2018 02 27
梅の花が咲きました
関連記事
スポンサーサイト
2018 02 26
Q.良い人間関係の為に聞き上手に?
An.
黄緑のオーラの人は、褒め上手で聞き上手です。

聞き上手になるためには、
質問をせず、自分は話さず、相手が話す事を聞いてください。
相手の話が矛盾していても、自分勝手であっても、質問せず、聞いてください。
聞く事は、理解への第一歩です。
人は、理解してくれる人には、話したい事を心から話します。
そして、本音で話します。
本音の部分に、もし反感を持っても、否定せず、本音で話をする事により、互いに理解し合えるのです。

そして、言葉遣いにも気配りが必要です。
意思の疎通がとれている仲であっても、
言葉は大切です。
気持ちが、分っていても、言葉が心を傷つける事もあります。
心を許す仲であっても、必ずしも何を言っても許されるわけではないのです。

どうしても、
嫌な事を言わなければならない時には、
その2~3倍の良い事を言いましょう。
苦言の2~3倍の誉め言葉をかけましょう。

人は誉められれば、言葉を素直に受け入れる事ができます。
誰もが、聞き上手になれるはずです。

お互いに 褒め上手、聞き上手であれば、良い人間関係でいられるでしょう。                        
                                    
関連記事
2018 02 24
Q.波乱万丈な人には多くの守護霊様がいる?
An.
波乱万丈の人生の方は、人生経験が豊かでもあります。
人生経験が豊かな方は、より多くの守護霊様に守って頂けています。

人生経験や状況によりその時点に必要な助言や補助(サポート)力のある方が最も近くで、護って下さるのです。
ですから、波乱のたびに強い力の守護霊様が代わって近くに来られるのです。
短期間に多くの経験があり、苦難に思える事であっても乗り越える事が出来(守護霊様に護られ)たのです。
更に、次なる苦難に思える事も、更に強く崇高なる守護霊様が来られ、乗り越えられたので、
以前より強く逞しくなったはずです。

皆さま、守護霊様に守られています。 
 〇幼い頃は、ご先祖様が、愛情と心配から、近くで守って下さっていますが、心身共に成長してまいりますと、
更に心を成長させるために、守護霊様(指導霊様)が現れ、厳しく指導されます。
さまざまな体験があり、それらを乗り越える事により、心を成長させるのです。
そして、心が成長してきますと、あまり、手をお出しにならず、離れた所から見守ってくださっています。【勿論、悩んだ時に、助けを求めたなら、お答えは頂けますが・・】

状況の変化(出会いや別れ、苦難、転職、興味の変化)により、他の方が近くに来られてそれまで近くにおられたご先祖の方は、少し離れて後ろの方から見守っている感じで、言葉をお掛けにならなくなりますが、ご先祖の方が、守護霊様である事に変わりはないのです。

〇特にスピリチュアル的感性のある方が、
悪い霊と遭遇したなら、守護霊様は、全力で守ってくださいます。
しかし、この悪い霊が数人であったり、悪霊であった場合、窮地に立ったその人を守るために、更に強い霊力を持った強い方が現れるのです。
この強い霊力を持った方との出会いこそ、その人の心が強く大きく成長した証しなのです。
 
◎大人になっても、怪我や病気の心配がある場合は、ご先祖の方が近くに来られ、愛情深く守って下さることもあります。

☆守護霊様は、あなた自身を守って下さる強い味方です。
 あなた自身の成長のために愛情深く導いて下さっています。
関連記事
2018 02 23
Q.冬だから眠れない?
An.
冬は、雪の天気や日没が早くて、日照時間が短いのです。
「眠れないのは、朝、太陽の光を浴びたくても、浴びることができないから?」
「睡眠不足は、体内時計がリセットされないから?」
と、よく質問されます。
太陽は、全ての生物に光と熱をもたらします。 
曇りでも、雲の向こうに太陽があります。
ですから、曇りでも紫外線が強いですし、
雪の日でも日中は、太陽光で物が見えるのです。
寒いからとあきらめず、外出してみましょう。
曇り空でも、雪でも、朝、自然光(太陽光)を浴びる事で、メラトニンセロトニンが適切に分泌され、気分爽快な状態で目覚めることができます。
そして、やる気や集中力も向上するでしょう。

太陽光をあびると、
メラトニン(睡眠を促すホルモン)の分泌がストップされます。
そして、セロトニン(脳の覚醒を促すホルモン)の分泌が活発になります。
メラトニン睡眠を促すホルモン)は、太陽の光を浴びた後、約14~15時間後に分泌が開始されます。
そして、
日没後になるとメラトニンの分泌量がさらに増加して、午前2時頃に最大値に達すると言われています。
翌朝、目が覚める頃になると、メラトニンの分泌が止まり、
太陽の光を浴びることにより、更に体内のメラトニンの量が減少します。
メラトニンの量が減少することにより、脳が睡眠状態から覚醒状態へと切り替わるのです。
また、太陽の光を浴びることによってセロトニンの分泌量が増加します。
セロトニンは、
脳の中でできる伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンなどの働きをコントロールし、精神を安定させる働きを持っています。 

☆良い睡眠を取ることで、 頭頂部のオーラがクリアな状態(観察力、判断力、行動力のある状態)になる事ができるのです。
関連記事
2018 02 22
古民家の庭にも春の香り
梅の蕾もほころび
古民家の庭にも春の香り
関連記事
2018 02 21
Q.念は誰にでもありますか?
An.
人により強弱はありますが、誰にでも念(思いの力)はあります。

人には、誰にでも喜怒哀楽の感情があります。
中でも、怒りの感情のエネルギーは大きいのです。
また、
スピリチュアル的感性をお持ちで、他人の感情に敏感な方は、
他人の感情(思いの力の強弱に係らず)の影響を受けてしまいます。
そのため、大勢の感情(思い)を一気に受けてしまい、人混みなどで体調を悪くする事もあるのです。

念(思いの力)は、誰にでもありますが、
特に念の強い人は、悪意が無いにもかかわらず、
怒りの対象となる人を、自分の近くから排除してしまったり、心身を傷つけたりする事があります。
しかし、このような念は、良いとは言えないでしょう。
自覚のないまま、何か影響を与えていることもあるのです。
念が強い人にとって、感情のコントロール法が大きな課題となります。
ですから、
思い(念)を良い方向へ向けましょう。
自分の夢を実現したいと願い、幸せを願いましょう。
平穏であることを願う、
健康であることを願う、
愛する人がこの世に存在することを願う、
人の無事や幸福を願い、平和を願いましょう。

人を恨まず、愚痴を言わず、いつも素直で明るく、感謝の気持ちを忘れないで下さい。
あなたの思い(念じた事)は、現実のものとなるでしょう。
関連記事
2018 02 20
Q.ソウルメイトと出会ったら分かる?
An.
出会った人と
性格、嗜好、思想、得意分野、知識、職業などでの共通点が多い場合に
「この人が、『ソウルメイト』では?」
と、思われる人も多いのではないでしょうか。

性格、嗜好、思想、得意分野、知識は、
遺伝など潜在的な要素や、
生活環境等様々な要因が複雑に影響して構築された個性です。
たまたま、遺伝的要素や生活環境が似ていて共通点が多い事実、
そこから目をそむけて、
「『ソウルメイト』である」
と言う、先入観に捕われない方が良いでしょう。
先入観に捕われなければ、その人の本質が見えてきます。
そして、価値観が似かよった人は、心友となる可能性があります。


価値観の形成には、
家庭環境、教育環境や書物を読で吸収することもありますが、
守護霊様の影響でその価値観が形成された場合もあります。
また、
個人の体験、思索の積み重ねによって、
独自に新たな価値観が構築されることもあるのですが、
その人が抱く価値観は、その人の理想や生き方にも反映されます。
その人の理想や生き方に感動、共感をおぼえたなら、心の友であり、
「ソウルメイト」である可能性が大きいのです。

しかし、
正しい判断をする為には、
『この人こそ、ソウルメイトだ。』
と、
決めつけないように、思い込まないように致しましょう。
関連記事
2018 02 19
Q.SACHI名刺の持ち方は?
An.
私の名刺には、癒しのパワーを込めています。
スピリチュアル的感性をお持ちの方やスピリチュアル直感に優れる方は、
この「癒しのパワー」を
ふんわり温かく感じて頂けることでしょう。
もし、温かさを感じられなくとも、全ての名刺に「癒しのパワー」を込めていますのでご安心ください。

「名刺」
ですので、名刺としてお持ち頂いて良いのですが、
気を付ける事として
次の様な事例の報告があります。
○名刺を持っていると安心できるので、肌身離さず持っていますが、何年たってもパワーを感じますが、擦り切れました。
○スマホケースに入れていたら、スマホの着信音が鳴らなかったが、ケースから名刺を出すと、着信音は鳴った。
○磁気不良で読み取れなかったカードと一緒にカードケースに入れていたら、カードの磁気不良が直った。
など、
全ての方が経験する事ではありませんが、このような事も起こっているそうです。  
関連記事
2018 02 18
古民家の梅
関連記事
2018 02 17
Q.人の感情に敏感なので人間関係が苦手ですが?
An.
スピリチュアル的感性や直感に優れている人は、感受性が強く、人の感情の敏感です。
見たくない物が見え、聞きたくないものが聞こえ、感じたくないものを感じ、苦しい思いをしている事でしょう。
 
※人間関係において、スピリチュアル的感性の有無に関係なく、どなたでも他人を苦手だと思う事はあるものです。
●特に、スピリチュアル的感性のある方は、感受性も強く傷つきやすく、
人の悪意を敏感に感じ取り、気持ちが重くなることもありますから、
できるだけ、苦手な人に接する機会を少なくしたり、
仕事でどうしても、接さなければならない場合には、仕事だと割り切りましょう。

一般的に人が他の人を苦手だと感じるのは、次のような場合があります。
① 何となく、苦手で嫌な人
非常に嫌いではないけれど、なんとなく苦手で係りたくない相手は、自分自身と共通する部分があり、
更に、自分の中にある『自分が持っていることを認めたくない事実』
『自分自身の嫌いな陰の部分』を表面に出している人である場合。

② 自分自身が憧れている能力を持っていて、自分には無い長所を持っている人
自分自身が、無意識に妬みの感情を感じ、
更に、「自分の方が優れているに違いない」と思っているのに、周囲から認められないにも関わらず、その人の能力が認められている事に対する嫉妬がある場合。

③ 自分以外の大勢から苦手だと思われている人
性格や態度、行動に何らかの問題があり、協調性に欠け、自分本位であり、
本人に具体的な原因がある場合。

●スピリチュアル的感性をお持ちの方は、感受性も強く傷つきやすいので、
苦手意識がなくても、人の悪意を敏感に感じ取り、気持ちが重くなることもあります。
人の悪意を感じた時には、
『自分自身が、深く傷つかないために、察知できたのだ。』
と、良い方向へ考えるようにしましょう。
関連記事
2018 02 16
Q.大きい心の人になりたい?
An.
相手の話を聞き、相手の考えや思いを理解でき、
相手の考えを肯定できる人の心は、柔らかく大きいのです。
そして、
心が柔らかく大きい人は、相手の心も柔らかくすることができるのです。

心が大きい人』は、
相手の主張が、たとえ間違っていたとしても、その考えを肯定することができるのです

どんな方でも、
自分の主張を否定されますと、心が固くなり、心を閉じてしましますが、
肯定され 認められれば、心が柔らかくなり、心を開くでしょう。
ですから、
『自分を理解してほしい。』             
と、 望む場合には、
まず、相手の心情や主張を理解することから始めましょう。

相手の話を聞き、相手の考えや思いを理解でき、
相手の考えを肯定できる人の心は、柔らかく大きいのです。
そして、
心が柔らかく大きい人は、相手の心も柔らかくすることができるのです。
関連記事
2018 02 15
Q.他の人と同じところが痛くなるのはスピリチュアル?
An
スピリチュアル的には、
人の感情や痛みを感じてしまう人は、大きなオーラの人です。
特に頭頂部のオーラが縦に大きい人は、
感受性が強く、人の感情に敏感であるため、
人の感情を感じる憑依体質(憑依されると言う意味ではなく、さまざまな物を引き寄せやすく、人の感情や痛みや空腹感も感じることもある体質)である人が少なくないのです。
『温度覚』『痛覚』『触覚』などの末梢の受容器からの感覚刺激は、
大脳の感覚野に伝達し処理されますが、
感覚刺激は、ニューロンによって伝達されます。
そして、このニューロンの伝達は、電気信号によるものです。
つまり、他の人のニューロンの電気信号をキャッチし、無意識感情を感じると考えられます。 
ですから、敏感な人は、
他の人の『暑さや寒気』『痛み』『食べたい』も、感じてしまうのではないでしょうか?
スピリチュアルを科学的に
温度覚、痛覚、触覚などの1次ニューロンは脊椎後根から脊椎に入ります⇒神経繊維を変えます(2次ニューロン)⇒対側の脊椎内を上行し延髄から視床に入ります。
更に
視床で3次ニューロンに変わり⇒大脳皮質の感覚野に入ります(感覚刺激を受けた体の場所によって感覚野の神経が連絡する場所が異なります)
末梢の受容器からの感覚刺激は大脳の感覚野に伝達し処理されますが、感覚は刺激を受けた場所に感じます【これを感覚の投射といいます】

このニューロンの伝達は、電気信号によるものです。

他の人のニューロンの電気信号を、あなたが無意識にキャッチして、
他の人自身のニューロンが大脳皮質の感覚野に伝達し、感覚の投射があったなら、あなたが他の人と同じところが痛くなったと考えられます。


同じ場所が悪くなったのではないのですから、うつったと思い込んで、発症しないように気を付けましょう。
関連記事
Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.