FC2ブログ
スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2019 05 01
Q.未来のオーラを変えたい時には?
An.
頭頂部に見えるオーラの色は、未来への意識(思い)を表しています。

行動を起こそうとしている時、
気持ちを切り替えようとしている時
全体のオーラの色とは異なる色のオーラが
頭頂部に出現します。

この出現したオーラの色で、
未来(現在から見て)への意識(思い)が分ります。
ですから、
意識を変えたり、思い方、考え方を変えることで、
頭頂部のオーラ(未来のオーラ)の色が変わる可能性があります。

未来とは、
現在の時間より一瞬でも先の時間の事です。
未来は、
現在のご自身の選択や決断、行動によって変わるのです。
選択や決断は、ご自身の意識や思い方、考え方で変わるのですから、
未来を変えるのも、ご自身の意識や思い方、考え方です。

そして、
未来に素敵な出会いがあるような「未来のオーラ」が、あったなら・・
良い出会いを見逃さように、クリアなオーラにしましょう。
クリアなオーラになるように、良い睡眠を取りましょう。
関連記事
スポンサーサイト



2019 04 23
Q.内側のオーラは大きい方が良い?
An.
頭部周辺(頭の周り)のオーラには、心(精神や気持ち)の状態が反映されています。
頭部周辺のオーラが二層になっているのは、
本音と建て前のように、本当の気持ちと、人間関係における表面の気持が存在する状態です。
内側のオーラ、外側のオーラ共に、あなたのオーラです。
①内側のオーラ=心の中での本当の自分⇒深層心理のオーラです。
本当の気持ち、本音であり理想です。
②外側のオーラ=頭での思考⇒理論的な社会性のオーラです。
人間関係における表面の気持ち、建前であり、現実です。

※内側のオーラが小さい状態は、本当は、どうしたいのか?自分の気持が分からなくなった状態です。
いつも、周囲に気を遣い過ぎて、自分の気持ちが分からなくなった場合、深層心理の気持ちに気付き、大切にすることで、内側のオーラが大きくなり、自分の理想に近付けます。
しかし、
内側のオーラが、大きくなり過ぎると、自分本位になります。
本音と建て前がある様に、現実は本音通りに行かない物です。
人は誰でも、さまざまな感情を持っていますから、
より良い人間関係の為に、何処かで自分の感情をコントロールしています。
その感情をコントロールしている状態が、外側のオーラとなり、
社会生活の中で外側のオーラは必要な存在となるのです。

※必ずしも、内側のオーラの色が、理想のオーラの色(自分が理想とする なりたいオーラの色)ではない場合もあるでしょう。
そして、本当の気持ちに気付くことで、自分を変革し、理想のオーラになろうと努力することも素晴らしいことなのです。
関連記事
2019 04 18
Q.過去の辛い記憶を消したい?
An. 
過去の辛い記憶を振り返るとき、
『現在の自分が存在するのは、
過去の自分自身が、過去の不幸を乗り越えられたからなのだ。』
と思いましょう。

☆自分には、その修行を乗り越えるだけの能力があるからこその修行。
たとえ、苦しい思いをしても、
今日の自分は、
昨日の自分より、ほんの少しでも強くなれたはず、
少しでも強くなった自分を誉めてあげましょう。
辛い記憶であっても、過去の自分は、よく頑張ったと思いませんか?
過去の自分を誉めましょう。
『あんなに辛かったのに、よく頑張ったね、すごいよ。』

不幸だと感じたことも
自分自身を強くするために、与えられた修行だった。』
と肯定的に捉えましょう。

また、不快な事があったり、失敗した日には、
「今日は勉強になった。」

「幸運だった。」
と、
声に出して自分に言って聞かせると良いでしょう。

物事を肯定的に考える事で、
不運に思える事でも幸運に変える事ができ、
過去の不幸に思えた事柄も
幸福への一歩だったと、感じることができるでしょう。
 
関連記事
2019 04 15
Q.どんな人にも守護霊様は、居ますか?
An.
どんな人にも守護霊様は、居ます。
たとえ、悪人だと思われるような人であっても、
幼い頃は、
先祖(身内)の方が、守って下さって
身内の愛情で、見守って下さっていたのです。
そして、
心身共に成長すると、
更に、心を成長させるために
守護霊様(指導霊)が、現れ、厳しく指導なさいます。

厳しい指導とは
様々な体験があり、苦難もあり、それを乗り越えることにより
心を成長させるような指導です。
そして、
心が成長してまいりますと、離れたところから見守っているのです。

たとえ、
悪い心を持ってしまった人であっても、
先祖(身内)の守護霊様は、身内の愛情で守って下さっているのです。
「いつの日にか、善の心を取り戻すように。」
「人は、生まれた時には、善であったはず」
と。
関連記事
2019 04 12
Q.芸術家になれるオーラって何色?
An.
オーラの色は、その人の性格や精神状態が反映されたものです。
したがって、
芸術的センスをお持ちであれば、
性格とは無関係に「芸術家向き」と言えますので、

才能がある人が芸術家になれるのですが、
オーラの色では
「発想力」のゴールドのオーラの人
「創造力」のシルバーのオーラの人
「個性的な哲学」の青紫のオーラの人
「芸術で人を癒す」緑のオーラの人
「情熱的作風」の赤のオーラの人
「明るい作風」の黄色のオーラの人
などです。

芸術は個性、
個性的な人が
芸術家に向いています。

オーラにも個性が表れていますので、全ての人が個性的です。
人は皆、芸術的な方向への可能性を持っていて、
その人の才能が開花した時、芸術家となるのでしょう。

関連記事
2019 04 10
Q.理想の出会いを見逃さないためには?
An.
理想の出会いを見逃さないためには、
良い睡眠をとる事で、オーラをクリアにしましょう。
良い睡眠を取ることで、脳器質的には前頭葉の働きを正常にし、
意欲的で的確な判断ができるような状態になるのです。
そして、ピンクの物(ハンカチ、スカーフ、アクセサリーなど)を身に付けましょう。

愛する人がこの世に存在し、幸福であることを喜びと感じ、
自らの幸福であると感じられるような深い愛情で、
愛が深まり、
サーモンピンクのオーラに包まれるます。
サーモンピンクのオーラは、
恋をして愛する人と結ばれる予兆(幸せの予感)、
結婚生活に入り、恋愛感情である時、など、恋愛成就のオーラです。

そして
理想の相手と巡り合いたいと思っていたのに、
実際に出会った人は、理想と違っていて、自分の期待通りでない場合に、
お互いの欠点を許し合い、認め合うことができるか否かが、ポイントです。
恋愛相手を偶像化し、
「理想の人である。」と思っていても、
現実には、理想や期待と違ている事も多々あるようです。
大切なのは、
「その人と一緒にいたい」と思えるか、
「一緒にいて幸せだ」と思えるかどうかです。
ですから、異性と知り合った場合には、偶像に振り回されることなく、
相手の人の本質をしっかり見つめてみましょう。

関連記事
2019 04 07
Q.白い煙はスピリチュアル?
An.
白い煙の亡き人が、上方へ消えっていったのを目撃し
心温まった経験があります。

亡き母が、他界した2週間後の事です。
誰も居ないはずの仏間から 話し声が聞こえてきました。
世間話をしているようでした。
1人は亡き母の声の様で、もう1人も女性の声です。
思い切って仏間に入って行くと
亡き母と高齢の女性の姿がありましたが・・
高齢の女性は コチラを振り向くと同時に、
白い煙と化し
白い煙は上りつつ、薄く薄くなり、天井の方へと消えて行きました。
その夜、
「母の旧友の高齢の女性が亡くなった。」
との連絡があったのです。

仏間で、亡き母と話をしていたあの女性は、
その日に亡くなった母の旧友だったのでしょう。
友人である母を訪ねて来て、話をしていたのでしょう。
世間話のように聞こえましたが、
生きていた頃と同じように話をしていたのでしょうね。

人の死は悲しいはずなのですが、
この亡き二人の姿に、心温まるものを感じました。
関連記事
2019 04 03
Q.妬む気持ちを持たないためには?
An.
「誰かを羨ましく思う」心の奥底では、
自分自身が置かれている環境に不満を持っている状態なのでしょう。
自分自身の能力や環境と比較して、
誰かが、優れた才能を持ち、恵まれた環境下にあることを妬むのでしょう

ですから、妬む気持ちを持たないためには、
自分自身の状況と他人の状況を比較しないようにしましょう。
それでも、誰かの個性や環境に妬みを感じたなら、
その人の苦しみや悩み、苦労も感じたい思い、
その人の苦しみや悩み、苦労も羨ましく思うの否か想像してみましょう。
例えば、
スピリチュアル的能力を羨ましく思う人もおられますが、
見たくない物が見えたり、感じたくない物も感じたなら苦しい思いをします。
その苦しみを理解し、克服するための努力や苦難も感じたいと思えるのでしょうか?
また、
雪景色やウインタースポーツができる環境を羨ましく感じたなら
雪国の厳しい冬の生活も想像してみてください。

「妬みの感情」を持たないためには、
 
他人の個性を認め、自分自身の個性を見つめ理解して、
他人と自分を比べないように心掛けると良いでしょう。
また、妬む時間やそのエネルギーを
ご自身の心を見つめ、心を美しく磨くことに費やすように致しましょう。
関連記事
2019 04 01
Q.家族でもオーラは異なった色になっている?
An.
家族のオーラについて、
家族でも個人の性格が違うようにオーラも異なった色の場合が多いのです。

頭部周辺のオーラの色は、性格や人生観などが反映されます。
成長期の方の場合、
学校や職場などの人間関係や経験などで、オーラの色が変化するのです。
人生観が変わるような出会いや、経験によりオーラの色が変化する事があるのです。
多くの出会いや別れを経験し、人として成長することで、オーラも変化していきます。
 
同じ家族の一員で、同じ経験をしたとしても、
立場や性格によって、感じ方が異なり、心の状況の変化にも個性があります。
家族の一員として、それぞれの立場があるからです。 
父、母、兄、姉、弟、妹など、
それぞれの人が、それぞれの立場での感動があります。
多くの感動や学びの中で、
親子、夫婦、兄弟、家族、友人、恋人、
『愛する人がこの世に存在する事が幸せだ。』
と、感じることができるでしょう。


それでも
家族のオーラの形状は、似ている場合が多いのです(似ていない場合もありますし、隔世遺伝の場合もあります)

体質、芸術的感性、スピリチュアル的感性などが、
遺伝的に似ている場合が多いのです。
特に、
スピリチュアル的感性は遺伝である場合が多いので、
家族の内の何人かが共によく似た形状のオーラ(大きなオーラ)であることは、よくあります。
また、
隔世遺伝の場合もあります。
「そう言えば、おばあちゃんが何か見えてたよねえ。」
と、言われることもあるのです。
関連記事
Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.