スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A

末期がんの母 スピリチュアル「謎解き」
深夜に 旅立った母の訃報を、
翌朝、近親者、親族などに知らせました。
『あと 知らせなければならない人は・・』
と、考えている時でした。
『あっ、母の友人、
   大阪の同窓生の女性は、母の病状を知っていたし、
                                     電話で励ましてくれていた。』
私の携帯電話に履歴が残っている。
(母の謎のメッセージが 心に引っ掛かっていたので、残していたのです。)
すぐに、電話を掛けてみました。                                                  
すると、電話に出られたのは 年配の男性でした。
「香川県の○○(母の旧姓)と申しますが、
                              奥様は いらっしゃいますか?」
男性は、
「いや~。妻は今、四国へ行ってまして、いないんです。」
「そうですかぁ。
        こちら四国の香川県丸亀市です。
  私は 奥様の同級生○○の娘なのですが、
                                実は 昨夜 母が他界致しまして・・」
男性
「え~!妻は 丸亀の同窓会へ出かけているんです。
                                         すぐに連絡を取ってみます。」
しばらくして、母の友人から電話がありました。
「今、丸亀に来ているの。
    同窓会で
  『お母さんも来れたら良かったのに』
    って、皆で話をしているところだったのよ~。
    本当に信じられない~。
          いつ、お亡くなりになったの?」
「昨夜です。本日 通夜をとり行います。」
母の友人
「日本全国に散らばっている お母さまの友達が、
  同窓会に来ているのよ。
              お通夜には、全員でお母さまに会いに行きます。」

このようにして、通夜には母の旧友の皆さまが 参列下さいました。
偶然(?)にも この日は、母たちの同窓会当日だったのです。

もしも、3月に
母が、 妹の携帯で 大阪の友人への電話をしていたら・・
                   『謎のメッセージ』には、 ならなかったでしょう。

不思議ですが、
私の携帯で電話をすることで『謎のメッセージ』に気付き、
通夜が、母の「最後の同窓会」のようになったのです。

『何の意味があって、私なのだろうか?』
                            と言う 私の問いかけに
「こういう意味だったのよ。」
                             と、母が答えているようでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.