スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2017 05 21
Q.霊が見える子供の強い心を育てるには?
An.
亡くなった人が見える子供たちは、初じめの頃には、
生きている人と亡くなった人が区別できなくて、居ても気にしていないのです。
亡くなった人が居ない場所なんて無いと思う程、
色々な場所にいるのです。

その後、ほとんどの子は、見えても見えないふりをして無視しています。
スピリチュアル的感性に優れている人々のオーラは、
大きいですので、亡き人も傍に近づいてきます。
幼い時には、心身共に未熟である為、
傍に来た亡き人が、ついて来てしまうことがあります。
 
以前は、
霊が、ついて来てしまった子供さんを私の近くに連れてこられると、
ついている霊が祓われる事を恐れて邪魔をするのです・
(子供さんがお母さんの影に隠れて、私に近付かなかったり、
駄々をこねたりします。)
そして、私がその子に触れると霊がいなくなるので、
その子は私が触れた瞬間から、
人が変わったように笑顔ではしゃぎ始めまていました。
【現在では、
私の近くへ来ただけで、憑くような霊は 居なくなります】

また、お母さんも慣れていて、子供さんの顔色や言動で
『今近くに居るのだな。』
と、感づくようで、
「やっぱり居ましたかぁ。」
と、平然としています。
霊は、その辺にたくさん居るので、気にしていたらきりがないのです。
「気にしないように、恐がらないように、強い心が育つ持ように」
導いてください。
 
そして、強い心を育てるための どなたにでも可能なものに勉学があります。
勉学は、自分自身のための持続的集中力と自分の心を制御する力も養えます。
(机の前に座っていれば、集中せず他の事を考えていても分からないのですから・・)
自分が自分自身の為に集中し努力する姿勢が、
強い心を育てるのです。 
                                

                                                                          

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.