スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A

スピリチュアル体験 姫様の話6
お寺の奥様にお伝えしました。
                                                      
御籠の姫様の存在、
泣き続けている姫様のお姿と、

姫様が、この地へ到着した時、
拍手と喝采を浴び、幸福であった情景.
ところが、
時の流れと共に、状況が変化し、
夜叉の姿、
首下に刃、
 約700年もの間、ずっと泣き続け、
現在も泣いている姫様のお姿が在ること
そして、
「どうか、この籠を 降ろさないで下さい。
この籠が地に着いたなら、
私は、この籠から下りなければならない・・
                                             『涙』
                                             『涙』
・・
この籠を降りさえしなければ、
私は、不幸には、ならなかったのです。
どうか、
どうか、
降ろさないで下さい。」
との
姫様のお言葉を
お寺の奥様に、お伝えしたのです。

お寺の奥様は、
「この寺に居る人は、
私以外は、皆が男性なので、
この寺に、もう1人女性がいるのは、嬉しい。
姫様と 話をしてみたい。」

と、
おっしゃって下さったのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.