スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2017 08 09
心に引っ掛かったら意味があった お守りが消えた
「浄化用岩塩を使わずに大切に持っていたのに、消えて無くなった」
と、言う報告は、あります。
 「塩お香(お守り)も、無くなった」
と、言う報告も、よくあります。
●「お守り(塩お香)」が消えて無くなる現象は、科学的には、説明できません。
「お守り(塩お香)」は、「岩塩」と、「お香」それぞれが個体であり、
ドライアイスやナフタリンのように消えて無くなる(昇華する)という事は、ありません。
科学的な常識では、起こりえないことなのです。

『「お守り(塩お香)」を枕元に置いて、就寝・・・翌朝、目覚めると、「お守り(塩お香)」が、消えてなくなって、どこを探してもないのです。』
また、
『「浄化用岩塩」を、結界に使っていたのに、いつの間にか無くなっていた。』
のだそうです。

●スピリチュアル的に、
このような事例の共通点は、スピリチュアル的感性のある方が、
霊的な現象から身を守るために、持っていたり、身近に置いていた場合に発生していることです。
ですから、次の様な条件が重なった時、
「お守り」や「浄化用岩塩」が、消えて無くなっています。
①スピリチュアル的感性のある方
②霊的現象を起こす原因となるもの
③お守り、浄化用岩塩のSACHIのパワー
これらが、複合され、塩お香(お守り)、浄化用岩塩が、無くなったのは、
おそらく何処かへ移動されたのだと考えられます。


★お守り、浄化用岩塩は、悪しき物と遭遇した場合、SACHIのパワーが働き、変色したり水分が発生しますが、
それ以上のパワーが急激に働いた場合、消失する(移動する)のではないかと考えられます。
あくまでも、仮説であり科学的根拠は、ないのですが、
不思議な現象も99%は、科学的に説明が付きますが、残り1%は、スピリチュアルなのです.
                                                                     
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.