スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A

オーラで分かる*貧血なのに高血圧
貧血は、血液中のヘモグロビンが少ない状態で、赤血球の数が少なかったり、未熟だったり血清鉄が少ない状態です。
ヘモグロビンは、酸素を運ぶ働きをしています。
ですから、貧血の状態では、身体の酸素が不足してますので、血流量や呼吸量を増加さそうとして、動悸や息切れが起こったり、身体の組織が低酸素状態になり、倦怠感(だるさ)などが起こります。
一方、低血圧は、血管にかかる圧力が低い状態であるため、脳や身体の末端への血流が悪くなり、倦怠感、めまいなどが起こります。
貧血と低血圧の症状は似ていますが、原因の異なる別の物です。
ですから、貧血の人でも高血圧の人もいます。
高血圧の状態は、血管に高い圧力がかかった状態です。
動脈硬化や心臓疾患や遺伝的体質によることが多いようです。

オーラでは、貧血の人のオーラは霧のように見えます。
霧のように見えるメカニズムは、体内のヘモグロビンが少ないと、オーラに霧がかかったように見えるのだと思われます。
また、血圧が髙い人のオーラは、胸部を中心に全身のオーラや頭部のオーラが暗い赤色になっています。
ですから、貧血で高血圧の人のオーラは、全身のオーラが霧の様で、プラス胸を中心に全身や頭部に暗い赤のオーラが見えるのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.