FC2ブログ
スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2017 12 30
Q.大きなオーラの人が気を付けることは?

An.

大きなオーラの人は、良い物も引き寄せますが、さまざまなものも引き寄せます。

更にスピリチュアル的感性に優れていますから、感受性が豊かで、人の感情にも敏感です⇒憑依体質(憑きやすいという意味ではなく)ですが、引き寄せたさまざまなものに負けない精神力を持っているのです。
 
【人の感情を感じるメカニズムについて
生理学的には、感情は意識的な感情(喜、怒、哀、楽など)と、身体感覚に関連した無意識な感情(痛い、眠い、食べたいなど)とに分類されることが多いようです。
 
意識的感情には、大脳皮質、前頭葉が関与し、他の人の意識、思い、思考を電気信号として捕え、キャッチし意識的感情を感じると考えられます。
周囲の人が空腹時⇒自分自身も空腹だと感じ、過食になってしまう。
他人がイライラしたり腹が立った状態である時⇒自分自身もイライラしたり腹が立ったりする場合について【意識的な感情】
無意識感情には、皮質下の扁桃体、視床下部、脳幹、自律神経系、内分泌系、骨格筋などの末梢系(温度覚、痛覚、触覚など)が関与するようです。
他人の怪我や病気と同じ場所に痛みを感じる場合【無意識的な感情】
温度覚、痛覚、触覚などの1次ニューロンは脊椎後根から脊椎に入る⇒神経繊維を変える(2次ニューロン)⇒対側の脊椎内を上行し延髄から視床に入る。
更に
視床で3次ニューロンに変わる⇒大脳皮質の感覚野に入る(感覚刺激を受けた体の場所によって感覚野の神経が連絡する場所が異なります)
末梢の受容器からの感覚刺激は大脳の感覚野に伝達し処理されますが、感覚は刺激を受けた場所に感じます。
これを感覚の投射といいます。【このニューロンの伝達は電気信号によるものです】

他の人の電気信号をキャッチし感覚の投射により、怪我や病気の人と同じ場所に同じ痛みを感じる。

このような場合にも、同じ場所が悪くなったのではないのですから、思い込み(病は気から)で発症しないように気を付けましょう。
 
【気を付ける事】
大きなオーラの方が気をつける事として、
最も大切な事は、他人の感情や感覚と 自分自身の感情や感覚を区別すること、
①他人の意識、思い、思考を電気信号として捕え、キャッチし意識的感情を感じるのだと判断し、自分の感情ではないのだと自覚する。
②他人の電気信号をキャッチし感覚の投射により、怪我や病気の人と同じ場所に同じ痛みを感じているだけなのだから、同じ場所が悪くなったのではないと自覚する。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.