スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2018 02 13
Q.古着の念の払い方を教えてください?
An.
古着などには、以前に身に付けていた人の念がこもっている事もありますが、何も感じない人は、気にする必要はないでしょう。
しかし、何か感じたり、気になるようでしたら念を祓らった方が安心です。

●古着など服の、取り扱いについて、
洗濯機または、手洗いのマークが付いている場合は、洗剤と一緒に岩塩または粗塩を入れ洗ってください。
そして、日光に干しましょう
(注)陰干しのマークが付いている場合は、日陰に干してください。

※取扱い説明をしっかり見てみて
水洗いが不可能な場合は、岩塩または粗塩を振り祓った後、クリーニングに出すと良いでしょう。                           
                                              
自分で洗った場合にも、クリーニングに出した場合にも、着用する前に自分自身のオーラを沁みこませて下さい。
自分のオーラを沁み込ませるには、
服を両掌の間にはさむように合わせ、丹田(お臍の辺り)の前で、フーッと腹式呼吸で息を吐きながら、掌の中で自分のオーラを沁みこませるイメージで行ってください。
これを何度も繰り返すことで、服全体に自分のオーラを沁み込ませると良いでしょう。
 
※また、新品の服でも、着心地が悪く違和感を感じる場合には、
自分自身のオーラを沁み込ませることで、着心地が良く安定し、
落ち着くでしょう。
アクセサリーの場合も同様、自分のオーラを付着させることで、
着け心地が良くなるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.