FC2ブログ
スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2018 03 30
Q.過去の悲観的な思いにとらわれないためには?
An.
過去の辛い記憶を振り返るとき、
『現在の自分が存在するのは、
過去の自分自身が、過去の不幸を乗り越えられたからなのだ。』
と、思いましょう。

たとえ、苦しい思いをしても、今日の自分は、昨日の自分より、ほんの少しでも強くなれたはず、少しでも強くなった自分を誉めてあげましょう。

辛い記憶であっても、過去の自分は、よく頑張ったと思いませんか?
過去の自分を誉めましょう。
『あんなに辛かったのに、よく頑張ったね、すごいよ。』

不幸だと感じたことも
自分自身を強くするために、与えられた試練だった。』
と、肯定的に捉えましょう。

また、不快な事があったり、失敗した日には、
「今日は勉強になった。」
「幸運だった。」
と、声に出して自分に言って聞かせると良いでしょう。

そして、過去の記憶のオーラは、耳の辺り(脳器質的には海馬)に見えますが、くすんで暗い時には、ストレスの蓄積や 記憶の中に気になることがあるのです。
ストレスが解消され、記憶への思いが解消されたなら、クリアなオーラになるでしょう。

物事を肯定的に考えることで、不運に思える事柄でも幸運に変えることができ、
過去の不幸に思えた事柄も幸福への一歩だったと、感じる事ができるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.