スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2017 04 05
Q.お守り(塩お香)と浄化用岩塩の使い方を教えて下さい
                             
An.
〇お守り(塩お香)は、持っていることでバリアができ、悪しき物を近づけなくなります。
お守り(塩お香)は、SACHIのパワーが働くと変色したり水分が発生したりしますが、温かく柔らかければ、効果があります。
硬く冷たくなりましたら、水に流してください(天然のものなので安全です)。
 
〇岩塩には、浄化と癒しのパワーを込めています。
お守りと一緒に持っても良いですし、別々に持っても大丈夫です。
岩塩は、一つまみで浄化の効果を期待できます。
肩が重く感じる時にパラパラと振って頂いても良いですし、湯船に一つまみ入れて入浴しても良いです。

次の様なご意見も頂いています。
「なめると・・悪霊が退散した。」
「痛むところへ3~4粒付けたら、痛みがとれた。」
「枕元に置いて眠ると睡眠障害が起こらなくなった。」
「痛むところへ少しつけると、水のようになり痛みが消えた。」
など
色々な使い方をされているようです。
 
以前Iは、多くの人の念や多くの不浄霊が存在する人混み、歴史的建造物、人の出入りの激しい場所が苦手でした。
イベント会場も例外ではなく、自分自身が、さまざまな物を引き寄せるため、毎回のように岩塩を四隅に盛り、結界を張っています。
 〇自分自身の癒しと浄化のパワーによりバリアを張る事ができる現在でも、疲労によりバリアが微弱になったときなどに、岩塩は欠かせません。
不浄霊の浄化や除霊にも、岩塩は有効です。
人の後ろに憑いた黒いオーラの霊(不浄霊)にSACHIのパワーを込めた岩塩を振りかけた瞬間、黒いオーラは消滅します。

〇「清めの塩」と言われるように、どの塩にも浄化作用があります。
海には自然の浄化作用があり、その海水から作られる塩にも浄化作用があるのですが、深層岩塩には更に強い癒しと浄化のパワーを感じます。
 
★科学的にも:塩には殺菌作用があります(細菌細胞の水分を奪い乾燥状態にすることにより死滅させる)歯磨き、うがい、また魚介類肉類の保存などにも使用されています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.