FC2ブログ
スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2018 12 27
Q.良い言葉を声に出すと良い?
An.
良い言葉を声に出しますと、
声にだした言葉の内容を自分自身も聞いています。
ですから、良い言葉
「幸運だ。」
「幸せだ。」
「やったー!最高」
「素晴らしい」
「素敵な人だ」
など、他人や自分を誉める言葉は、
幸せホルモンのオキシトシンという脳内物質を放出させます。
また、
オキシトシンは自律神経の働きも良くしますので、副交感神経の働きを優位にするのです。
循環器・消化器・呼吸器などの活動にも影響しますから、体調を整えるだけでなく、ストレス緩和やダイエット効果などもあるのです。 
 
逆に、
悪い言葉、
「暴言」や「悪口」を言葉に出したなら、
自分の脳が、
自分自身に悪口を言っていると勘違いして、
気分が悪くなり、コルチゾール(ストレスホルモン)が大量に放出されます。
この状態が続くと、ストレスで脳がダメージを受けるのです。
人間は、不安やストレスを感じていると、脳が正常に機能しなくなります。
ストレスは、脳や身体にダメージを与え、老化につながってしまうのです。

ですから、
良い言葉を声にだして言い、悪い言葉は言わないように 心掛けることで、幸せで若々しくなれるのです。
また、
オキシトシンは、「愛」と「信頼」のホルモンなので、
人間関係に好影響を与えることが知られているのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.