スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A

おじいさんの『おまじない』
                                                         
築106年の古民家の門の傍。
亡き祖父が現れ、次の様なメッセージが聞こえました。
「代々、屋敷が守られるように まじないをかけた。」
「門を結界とし、卍(まんじ)の結界としている。」

生前の祖父から、このことを聞いた人は いないのですが、おまじないの「卍の結界」は、存在していたことが分かりました。

卍の意味が分からず、調べて行くうちに 
「打ち出の小槌鬼瓦」「連珠三つ巴瓦」は、寺や神社に多く使われている事実から「卍は、寺を表しているのでは?」と、思われました。

また、上空からの写真を見ると、門と塀とが、合わさって卍の型になっているのです。
この形状を『卍の結界』と、おっしゃった。

いずれの意味に致しましても、
亡き祖父のメッセージが、現実であることが立証されたのです。

古民家は、現在でも 亡き祖父の「おまじない」によって守られているのです。
                   
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.