スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2017 04 18
オーラが全体に大きく扇形のように上部になるほど拡張
                        
スピリチュアル的感性がある方の、
どなたにでも共通する事であると、思いますが
名所旧跡や多くの人が集まる場所では 体調を崩のです。

頭痛、吐き気、発熱、鳥肌、寒気、咳き込むなどします。
一見、風邪の症状のようですが、風邪ではないので、
その場所を離れたり、浄化されますと 症状が無くなるのです。
また、
頭頂部のオーラが全体に大きく扇形のように上部になるほど拡張している人は、スピリチュアル的能力に優れ、霊視や霊聴が可能なのです。

※オーラ診断では、オーラの大きさについて
オーラが全体に大きく、更に頭頂部のオーラが上部になるほど拡張して、まるで扇形のようになっています。
不思議な体験があるのでは?』
と、なります。


更に、頭頂部のオーラに着目しなくても(私には常にオーラが見えていますが)、その人と すれちがった瞬間に
「スピリチュアル的な能力のある人だ。」と感じます。
相手の人が、こちらの能力に気付いていることも感じています。


お互いに察知していることも、お互いが感じているのです。
そこで、お話をいたしますと、
 「やはり見えますか~。」
と、言う事になるのです。
 
スピリチュアル的感性には、人によりさまざまな個性があります。
見える人、
聞こえる人、
感じる人、
自覚していなくても潜在的にスピリチュアル的感性のある人
などです。

 感性は個性なのです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.