スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A

磁気嵐が発生しました。体調に気を付けて


気象庁地磁気観測所によりますと、

7月16日15時に、急始型地磁気嵐が、発生しました。

7月17日4時には、約191nTとなって

この地磁気嵐は現在も継続中です。

7月16日14時頃に太陽からの衝撃波が地球に到来しました。

また、太陽風は高速な630km/s前後へ上昇しました。

磁場強度は、非常に強い27nT前後まで上昇し、

磁場の南北成分は一時-22nT前後の非常に強い南向きの状態となったそうです。


この地磁気嵐は、7月14日10時に、
2665黒点群で発生したM2.4の中規模フレアにともなって発生したCME(コロナ質量放出)の影響のようです。

ピリチュアル的感性をお持ちで、電磁波に敏感な方は、引き続き、頭痛、倦怠感などに気を付けて下さい。

地震などにも気を付けたいと思います。

備あれば、憂いなしです。

関連記事

Q.体調不良の時には悪い物を引き寄せますか?
An.
どんな場所でも、ふと気付くと、多くの人に囲まれ、中心なっている。
買い物に行くと、入った店が空いていたのに、あっと言う間に満員になったり、
誰も居ない商品棚を見ていたら、身動きできない位、人々が見に来たり・・
いつも、ゆっくり買い物ができないことがある人は、オーラが大きいのでしょう。

☆オーラがクリアな時には、大きなオーラで引き寄せてしまっても、
バリアが強いので、
悪しきもの【悪しき霊、悪しき人、悪しき思い】に影響されることは、ないのです。
ところが、
過労、不眠など体調が悪い時、怪我などで免疫機能が低下している時には、
バリアが弱くなっているので、悪しきものに影響されやすいのです。
ですから、
免疫機能が低下している時には、普段よりしっかりと、
自分のオーラで自分をプロテクトするイメージで、バリアを張って下さい。

オーラが大きい人は、どうしても目を惹きます。
遠方から見ても、何だかそこだけ明るいので、
『ちょっと、近くへ行ってみたいなぁ。』
と 、生きている人も、動物も、亡き人も思うのでしょう。

他人がイライラしていたら自分もイライラしたり、もらい泣きしたりすることもあるかも・・
感受性が豊かなので、人の感情なども敏感に感じ取るのです。
気になったらやっぱり。』
と、思い当たることがあったなら、オーラが大きい可能性があります。
※免疫機能が低下している時には、
普段よりしっかりと、
自分のオーラで自分をプロテクトするイメージで、
バリアを張りましょう。
                                        




関連記事

Q.梅雨だからか眠れません、良い睡眠の為にはどうしたら?
                                                          An.
起床したら朝日を浴び、少しでも朝食を取りましょう。
脳と腸が刺激されて体内時計にスイッチが入ると、脳内物質「セロトニン」が増えるのです。
セロトニンは
脳の中でできる伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンなどの働きをコントロールし、ストレスを緩和して、精神を安定させる働きを持っています。

太陽光をあびると、
「メラトニン」(睡眠を促すホルモン)の分泌がストップされます。
そして、「セロトニン」(脳の覚醒を促すホルモン)の分泌が活発になります。

睡眠を促すホルモンである「メラトニン」は、太陽の光を浴びた後、約12~14時間後に分泌が開始されます。
ですから、朝6時に太陽光を浴びたなら、18時~20時に分泌し始めて、午前2時頃に最大値に達すると言われています。

翌朝、目が覚める頃になると、「メラトニン」の分泌が止まります。
そして、太陽の光を浴びることにより、更に体内のメラトニンの量が減少します
メラトニンの量が減少することにより、脳が睡眠状態から覚醒状態へと切り替わるのです。

また、太陽の光を浴びることによって「セロトニン」の分泌量が更に増加するのです。

太陽は、全ての生物に光と熱をもたらします。 
曇り空でも、雲の向こうに太陽があります。
ですから、曇りでも紫外線が強いですし、雨の日でも日中は、太陽光で物が見えるのです。
曇り空でも、雨天でも、朝、自然光(太陽光)を浴びる事で、気分爽快な状態で目覚めることができます。
そして、やる気や集中力も向上するでしょう。

☆良い睡眠を取ることで、 頭頂部のオーラがクリアな状態(観察力、判断力、行動力のある状態)になる事ができるのです。


関連記事
Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.