スピリチュアルカウンセラーSACHI* パワースポット【古民家】から発信*心のメッセージ・Q&A
2018 05 19
古民家の入り口の大木にハクビシン

古民家の駐車場入り口の大きな木に

ハクビシンを発見しました。

DSC800234 (2)

関連記事
2018 05 18
Q.不思議な体験はスピリチュアル?
An.
不思議な【科学的に説明がつかないこと】は、日常茶飯事です。
特に記憶に残る体験談は、ブログ上「スピリチュアル体験」として掲載していますが、ラップ音、霊聴、霊視、予感、予知夢などは、日常的で慣れてしまっている状態です。
オーラも常に見えていますし、癒しのパワーによる現象も、自分の中では「当たり前の事」になっています。

皆様にとっても、虫の知らせや、直感、偶然にしては納得できない事、予感など・・
これらは、「不思議な体験だ」と、言えるでしょう。

自覚がなくてもスピリチュアル的感性(霊感)をお持ちの方、
見えたり聞こえたりしなくても、感じる方もいます。

スピリチュアル的直感に優れた人は
「何となく、気になる」
と、言う表現をよくします。
虫の知らせや、偶然にしては納得できないような事、予感など・・
これらも「スピリチュアル的直感だ」と、言えるのです。

第六感は、どなたにでもあるはずです。
この第六感を研ぎ澄ます事で、スピリチュアル的感性が豊かになるでしょう。
 
【気を付けて欲しい事】
不思議な体験に恐怖心を持たないで下さい。
特に不浄霊などに対しては
『気にしない』で『恐れない』で『同情しない』ようにしてください。

そして、自分自身が崇高であよう心掛けましょう。
見栄を張らず、嫉妬せず、人を恨まず、
いつも明るく素直に感謝の気持を持ちましょう。
関連記事
2018 05 15
古民家のクチナシの花
関連記事
2018 05 13
Q.オーラを開いて、色々見えるようになりたい?
An.
「何となく・・な気がする」   「何となく気乗りがしない」
など・・
それらを『スピリチュアル能力だ。』と、認識することが大切です。

何か感じ取ったとしても
『きっと気のせいだろう。』
と、見逃すことなく、自分自身の感性であることに気づいて下さい。
に、耳を澄まし、目を凝らすことにより、更に感じ取ることができるはずです。

そして、第六感は、どなたでも持っているものです。
五感以外で感じる感覚を、日常生活の中で無意識に感を働かせています。
「今日は道が混んでいるような気がする」
「誰かから電話がありそうな気がする」
「匂いで料理がわかる」
「雨の匂いがわかる」
「何となく時刻がわかる」
「前もって家族の機嫌がわかる」
など

その他、第六感を発揮するためには、
五感を最大限に働かせることです。
=目を凝らし・耳を澄まし・匂いを嗅ぎ・味を味わい・感触(温度、湿度、圧迫感)・を感じとり認識することです。
そうすることで、第六感が発揮され、スピリチュアル的感性が研ぎ澄まされていくでしょう。

また、スピリチュアル的感性に優れた人の
「何となく、気になる」感覚や
「虫の知らせ」や、「偶然にしては納得できない事」、「予感」など
『スピリチュアル的能力』だといえるのですから、
「嫌な予感がする」場合などには、自分の直感を信じて行動することで、危険を回避することができるでしょう。
しかし、
見えるもの、聞こえりものを選ぶことはできませんから、色々見えると言うことは、
感じた気ない物を感じ、聞きたくないものが聞こえ、見たくないものも見えます。
ですから、
「戦う覚悟」も必要であることを認識する必要があるのです。
関連記事
2018 05 11
不思議で素敵な似顔絵
ゴールデンウイーク、
東京から古民家へお越し頂いた画家の方が、
私の似顔絵を描いてくださいました。

不思議で素敵なご縁に感謝致します。
関連記事
2018 05 09
Q.不運続きで、悪い事が次々と起こりますが?
An.
「不運続きで、悪い事が次々と起こりますが、何か悪い物でも憑いていませんか?」
よく聞かれる質問です。
★ほとんどの場合、何も憑いていないのです。
「え~、気にし過ぎですかねぇ?」
と、おっしゃる方が多いのです。

★科学とスピリチュアル 両面から見てみましょう。
〇科学的に
①事故や仕事の失敗などは、連鎖反応によるものである場合があります。
個人の動揺や焦りのために集中力が途切れたり、
的確な判断が出来なくなり、判断ミスを連発することがあるのです。
特に、
事故などは、気の緩み、注意力の散漫、過労、マイナス思考になったりしている時に、起こる確率が高くなるようです。
ですから、完璧に注意を払い、瞬時に対応していれば、事故を避けられた可能性もあります。
しかし、常に完璧であることは困難ですから、無事である幸運に感謝しましょう。
②電磁波の影響も否定できません。
電磁波により集中力の低下、情緒の不安定などが起こる場合もあるのです。
「新月の日は、特に事故事件が多発する」と言う、説もあります。
対処法として:
1つの不運(幸運ではない事)があり、連鎖反応により、不運が続いて、気持ちが不安になった時には、
気持ちの切り替えをして、ウキウキするようなことを探しましょう。
植物に触れたり、森林浴も おすすめ致します。
 
〇スピリチュアル的に
心配する事は、マイナスイメージを持つことなので、負のエネルギーを発生して 不運を引き寄せてしまう事もあります。
また、「病は、気から」と、言われるように、
気にし過ぎ、心配し過ぎる事で、体調を崩すこともあるのです。
対処法として:
心配しすぎず、プラスイメージを持ち、
「大丈夫なんだ。」と、声に出して言ってみましょう。
そして、
『自分は、必ず幸せになれるのだ。』
と、信じましょう。
             
幸、不幸は、自ら呼び込むものですから、自分の幸福を信じ、明るい方へ進みましょう。
関連記事
2018 05 07
スピリチュアル感謝祭in古民家 不思議なご縁に感謝
「スピリチュアル感謝祭in古民家」へお越し頂きありがとうございました。

古民家からの風景は、讃岐平野、讃岐富士、さまざまな野鳥。

大自然に囲まれた古民家です。
耳を澄ましますと
野鳥のさえずりにも癒されます。

遠方
長野、東京、愛知、兵庫、愛媛、徳島、高知、
岡山、香川から
 お越し頂き、ありがとうございました
m(__)m
不思議なご縁に感謝致します。
関連記事
Copyright © スピリチュアルカウンセラーSACHI 古民家でゆったり オーラ診断&癒し. all rights reserved.